仕事中も自然と馴染む、本物の音。

ハーバーランドとメリケンパークの間に位置する、篠崎倉庫の2F。倉庫を改築したその広い空間は、建築事務所、グラフィックデザイン事務所などのクリエイティブな会社が集まった複合オフィスになっています。ハイセンスなインテリアに囲まれたその空間に置かれたECLIPSE TDシリーズスピーカーのTD307PAII。今回はそんな複合オフィスでお仕事をされている一級建築士事務所/代表の大島慶大さんとデザイン、ブランディング事務所でディレクターをされている山森彩さんのお二人を訪ねました。

本日はよろしくお願いします。こちらは建築事務所やデザイン事務所の方たちが集まってらっしゃるのですね。

大島:そうですね。建築、インテリア、グラフィックデザイン、企画、ファッションなどの事務所が集まってます。普段はそれぞれのブースで仕事をしていますが、打ち合わせや会議に使う空間を共有しています。この空間でパーティーをしたりもしますよ。

とてもスタイリッシュで、クリエイティブなお仕事をされるのにぴったりな空間ですね。皆さん、仕事中に音楽を聴いたりされるんですか?

大島:この会議室からそれぞれのブースにスピーカーから音楽を流してます。やっぱり静かすぎるより音楽が流れているほうが仕事もはかどりますし。このTD307PAIIのスピーカーは音が柔らかくてうるさすぎないのが良いですよね。どんな空間にも馴染みそうなソリッドな外見も魅力的だと思います。

山森:最近可愛いカタチのスピーカーも見かけますが、このTD307PAIIのスピーカーも面白いデザインですよね。スピーカーって男性文化というイメージがあったのですが、ちょっと印象が変わりました。これなら自分の部屋に置いてもいいなって思います。この会議室にもぴったりですし。

ありがとうございます。ECLIPSE TDシリーズスピーカーのコンセプトは「ここにシンガーがいる」というもので、音楽データをありのまま耳に伝えることなので、「うるさくない」のは何の誇張もしていない音だからだと思います。このデザインも、本物の音を追求した結果、自然とこうなったんですよ。いわゆる機能美というものです。

大島:エンジニアが考えた音が忠実に出せるスピーカーということですか。そういうことを知ると俄然興味が湧いてきますね(笑)。

山森:デザインを後から考えたっていうエピソード面白いですね。インテリアとしても使えて、可愛いだけじゃなくて音も本格的。あまりこういうものにお金をかけたくないと思ってましたが、ちょっとぐっときます(笑)。私も音楽が好きなので、外でiPodで聴いていた曲を、家に帰ってそのまま続きが楽しめるっていうのはとてもいいですよね。

World - ミュージシャン

World - エンジニア

World - その他